本文へスキップ

海外のクレジットカード現金化事情

海外のクレジットカード現金化事情

海外でもクレジットカードの現金化は盛んです。大阪と結びつきの強い台北 上海 ソウル 香港などの都市の方らもよく利用されています。

ちなみに海外はクレジットカードの現金化がやりたい放題です。実際はやりたい放題ではなく限度もあるのですが日本の感覚からすればやりたい放題みたいな感じです。

ですので、最近はあの手この手で難癖をつける規制の厳しい日本から海外に拠点を移しているお店も多いです。クレジットカードの現金化についても、海外に拠点をおいているお店が複数あります。日本に居ながらにしてクレジットカードの現金化はできます。

ネットか国際電話かIP電話でやりとりをしてネットバンクか電子マネーかネット上のポイントで支払えばクレジットカードの現金化ができるからです。今後、その辺の事情に疎い日本の公的機関が規制を強めれば、クレジットカードの現金化業者の多くは海外に拠点を移すでしょう。

今、企業は規制のうるさい日本から規制の緩い海外に拠点をうつしている話をよく見聞きしますが、クレジットカードの現金化業界も同じなのです。

2チャンネル(現在5チャンネル)なんかでも、日本にいるとああだこうだとうるさいのでアメリカだったかシンガポールの法人が運営していたはずですし(現在、アメリカ人と係争中の模様)、FC2なんかもアメリカが拠点です。

日本の場合、海外よりも「著作権がー!」と異常にうるさいです。厳しく取り締まった結果、成果があったかといえば全く逆で、人気のある動画関係のサイトはアダルトも含め台湾 香港 中国 アメリカ シンガポールなど拠点を海外に移してしまいました。

そして、日本人のお金が海外に流れて、そのお金が海外で消費 投資され、ますます日本は貧乏にという余計に悪い結果になってしまっているという現象がおきています。クレジットカードの現金化業界も近々そうなるかもしれませんね。

海外のクレジットカード現金化の現金化率を検討

どこの国も70%台ですね。よくて80%前半でした。日本が一番低金利の国という事情があるからかもしれませんが、日本は一番現金化率が高いです。中国では60%台の業者もあるそうです。

ですので、日本のクレジットカード現金化業者の方らは、在日外国人の顧客をみつけてお金を稼いでほしいですね。

さらに付言すれば、クレジットカードの現金化は海外在住の人相手にもできます。ネットか国際電話かIP電話でやりとりをしてネットバンクか電子マネーかネット上のポイントで支払えばクレジットカードの現金化はできます。

日本のクレジットカード現金化業者の方には大いに頑張ってお金を稼いでいただきたいものです。

大阪では(インハン)銀聯が普及

大阪のクレジットカード現金化業界では、数年前から中国のインハンカードが話題です。とくに大阪の難波等ミナミでは話題ですし普及しています。ミナミの方が、アジア人が多いからかと思います。

しかしながら、まだまだ中国の物価と大阪の物価は違うのかインハンは5万円が限度ときいています。これは去年の時点です。現在はもしかしたらもう少し金額が上がっているかもしれません。

ニュースなどでもご存知でしょうが、中国人観光客らはクレジットカードで相変わらず日本の医薬品や化粧品などを購入しています。あと、お菓子をよく購入していまして、ごみ袋みたいなビニール袋にお菓子を箱ごと詰めて御堂筋や堺筋や千日前を歩いています。梅田も難波も、最近は京橋などでもドラッグストアは中国人だらけでして、クレジットカードなのかインハンカードなのかは判然としませんが大量購入されています。ゴールドが好きな民族せいか、中国人観光客のクレジットカードを見るとゴールドカラーのカードが多いように思えます。

中国銀聯の公報によりますと、2015年第1四半期の銀聯カードによる決済額が、Visaカードの同期決済額を抜いて世界1位となったようです。あのVISAカードの決済額を抜いているのですから、銀聯すなわちインハンの大規模さがわかると思います。銀聯カードの多くはデビットカードであると言われています。

これは中国では、与信審査や信用情報が先進国に比べて未発達 不十分であることが要因と言われています。こういった中国特有の事情があるのですね。

先ほども述べましたが、銀聯カードの多くはデビットカードであると言われていますので、クレジットカードの現金化には不向きかと思います。 ちなみに、堺筋や御堂筋のドラッグストアは観光客が相手なのか立地の経済事情なのか、少し離れた同じ系列の店より値段が高いです。ダイコクドラッグがそうですね。あと、ダイコクドラッグは現金しか使えないので、クレジットカード現金化をして現金を作ってからダイコクドラッグに行き大量買いしている外国人も多いです。

ただし日本のクレジットカード現金化業者を使わず同国人に依頼して現金化しているようです。本来、日本の公的機関は、こういう外国人のしている業者にメスをいれないといけないのに、なぜか日本人のしているクレジットカード現金化業者のほうに難癖をつけたりして日本人同士が共食い状態になっている状態です。

大阪の在日外国人はどこでクレジットカード現金化をしているか

東京の方の事情はわかりません。大阪の場合は、ネット型のですね。香港とか台湾は日本と違って、クレジットカード決済会社もうるさくないからでしょう。お金が良く回っています。最近は中国も規制緩和といいますか、お金を回すことは良いことだと緩くなっているようで、中国の決済業者もあるようです。

少し前までは、韓国クラブなどで機械を使用してクレジットカード現金化をしていました。あと数年前は、大阪の中央区の堺筋の右手に、韓国人向けスーパーがありまして、そこでもクレジットカード現金化をしていましたね。

日本人は利用しない方がいいかと思います。クレジットカードのデータそのものを盗まれるトラブルが在日外国人のお店では多いです。


日本のクレジットカード決済比率を海外各国とで検討

少し話がそれます。 韓国 75% カナダ69% 中国65% アメリカ 42%

この数字は各国のクレジットカード決済比率です。北欧になるとさらにその比率は上がるようです。中には現金お断りというお店も最近は出現しているようです。で、日本のクレジットカード決済比率はどうかといえば、なんと18%です。

もちろん現金お断りなんてお店は見たことないです。これは少しデータが古いので、もしかしたら少しは改善されているかもしれません。しかし日本はクレジットカード決済の利用率は世界でも最低水準とみたほうが良いでしょう。

とはいえ日本で生活していると一般的には買い物の支払いはほとんど現金払いの方が多いかと思います。だいたい、いまだに日本は現金払いしかできない店も多いかと思います。

しかし、消費者からすれば現金で支払うよりも、それなりのポイントが付くクレジットカード決済の方が得です。有益です。しかしながら、それでも日本の場合、クレジットカード決済は18%という状況にあります。海外ではクレジットカードの利用者の所有する銀行口座の現金の残高よりもクレジットヒストリーの方が重要だったり、現金を持ち歩くのが危険な地域が多かったりなどといった事情を考慮しても低いです。

もしかしたら、国がクレジットカード普及に消極的なのかもしれません。とはいえ、すでに中国ではもうクレジットカードではなく電子決済が主流となりつつあり、いまだにいろんな電子決済 電子マネーがバラバラ状態の日本は世界より2周遅れみたいな感じです。案外、日本ではアマゾンギフトが電子通貨を制するかもしれません。大変便利です。

現金不要のキャッシュレス社会が世界的に進展しているようです。とくにですね、スマートフォンの普及が強い影響を与えているようです。これにより急速にお金のデジタル化が加速して、キャッシュレス経済が一気に加速しているようです。

とくにすごいのが上記にも少し言及した北欧のようです。スウェーデン、ノルウェー、デンマークはいずれもGDPに対する現金の使用比率が5%以下とのことです。とくにスウェーデンに至っては現金使用率が驚異の2%です。つまりはキャッシュレス率が98%となります。

こうなってくると、現金お断り乃至現金不可のお店のほうが多いわけですので、私的には逆に不便なのではと思ったりします。すべてデジタルに記録が保管されるわけですので、行動も筒抜けですよね。浮気もできませんね。

あと、これだけデジタル化がすすむと税理士や会計士の仕事はどうなるのでしょうか。ふと疑問に思って詳しい方に聞いてみますと、実際に税理士や会計士は失業し大変な状態とのことです。日本ですと、こういった業界の人らが電子決済普及に反対するロビー活動を展開するかもしれませんね。北欧についてのクレジットカードの現金化事情については、北欧に知り合いが全くいないのでよくわかりません。

一方、新興国の方はどうかというと、これまた日本よりも電子決済の世界が拡がっているようです。なぜかと言いますと、日本のようにあちこちでATMを設置して現金を引き下ろせるインフラネットワークを構築するのがめんどうくさいからです。非効率だからです。

スマホを活用したモバイル決済を普及させた方が効率的 合理的と国が判断したようです。実際、中国とかに行きますと、日本以上にスマートフォンが普及しています。日本のようにアイフォンを持っている人の割合は低いのですが、中国メーカーのスマートフォンをみなさん所持しています。

そして若い方だけでなく高齢者も使いこなされています。クレジットカード現金化だけでなく、電子決済現金化という商売も現地では流行っているそうです。中国で主流のモバイル決済アプリは、アリババの「Alipay(アリペイ)」やテンセントの「WeChat pay(ウィーチャットペイ)」です。アリババはソフトバンクの関係で日本人もよく知っていると思います。テンセントの株の時価総額は素晴らしいぐらいの数字です。

この10年でテンセントの株価は70倍です。たしか時価総額は日本のトヨタの2倍みたいです。話題の電気自動車メーカーでアメリカのテスラの大口株主でもあるようです。クレジットカードの現金化事情については、さすがに新興国だけあって、現金化率は70%でも優良業者とされるようです。新興国は新興国でもアフリカとかまではわかりません。インフレのすごい国とかも多数あるでしょうし、クレジットカード現金化業者が成り立つのかとも思ったりします。

※このホームページは製作者が実際に大阪に店が実在しているかどうかを店舗まで見に行き確認をした大阪に特化したクレジットカードの現金化案内サイトです。実在していなかったお店は掲載を見送らせていただきました。(当ホームページは詐欺などの被害防止の観点から、中立さと公正さについて重点をおいています。)